急な引っ越し

急な引っ越し

 

引っ越しシーズンは、一般的に3〜4月の間ですね。
この時期は引っ越し業者も混み合っていますし、中々、都合の良い様に話が進みません。
また引っ越し料金もオフシーズンの5〜2月と比べて20%程度高く設定されています。

 

ところが、オンシーズンでもないときに急な引っ越しが決まると業者の比較をする暇もなく依頼しなくてはいけない場合もあります。
急な引っ越しほど料金が高くなりますし、2〜3社の比較をして価格交渉をして安上がりにする余裕の時間はありません。
数社の比較をするときは、それぞれの業者にメールや電話で連絡を取る手間、そして見積もりに訪問してもらうのも別々になりますね。
この様に慌ただしいと、満足の行く引っ越しが出来なくなります。
引越しはどのように手続きをしていいのかわからないという人がけっこういます。

 

なのでまずは引越しの手続きについてみていきましょう!

 

 

《段取りよく引越しの手続きを済ませるコツ〜引越し完全計画〜》

 

○引越し予定日の1ヶ月前から手続きのスケジュールを組んで計画的に行うべし!

 

◆引越し1ヶ月前に行うこと
・賃貸住居と駐車場の解約:1ヶ月以上も前から解約の手続きが必要なケースもあるので、要確認。二重に家賃を払いたくない人は早めに確認をしよう。
・引越し業者と契約:引越しのスケジュールを業者と決定する。当日の自分自身の移動方法を事前に確認しておく。
・学校への連絡:学校によって手続きが異なるので、要確認。
・固定電話の移転:NTTの場合、「116」またはネットから連絡する。3月〜4月は固定電話の移転も多いので早めの連絡をおすすめする。
・インターネット:プロバイダ等に新住所の連絡をする。必要な場合は請求書の送り先も新住所に設定してもらう。
・粗大ゴミの処理:各市町村の決まりに基づいて処分する。

 

◆引越し2ヶ月前に行うこと
・転出届け:他の市区町村に引越しする場合は、『転出証明書』が必要。
引越しの14日前から受け付けているので、市役所で転出届に記入し、転出証明書を受けとる。転出証明書は、「引越し先で転入届を提出する際に必要なので大切に保管」する。
・国民健康保険料:国民健康保険に加入しており、他の市区町村に引越しする方は、市役所に保険証を返却します(同じ市区町村内での引越しの場合は住所を変更する)。※引越し日の14日前から受け付けている
会社の健康保険または共済組合保険、任意継続の保険などに加入している方は、住所変更について勤務先または加入先に問い合わせることを忘れないようにする。
・電気、ガス、水道の移転手続き:まずは電話またはインターネットにてガス会社・水道会社・電気事業所に停止日を連絡。同時に新住所管轄のガス会社・水道会社・電気事業所にも使用開始日を連絡。連絡が遅くなると、二重請求になったり、新居で電気、水道、ガスが使えない状況になるので忘れずに連絡する。
・携帯電話、新聞の住所変更:電話はネットで住所変更を行う。必要な人は請求書の住所も変更しておく必要がある。

 

◆引越し1週間
・郵便物の転送届け:郵便局に行き、郵便物の転送届けを行う。(印鑑と身分証持参)※場所によっては2週間近く掛かる

 

◆引越し当日に行うこと
・電気:ブレーカーを上げ、電気が付くか確認。
・ガス:当日でなくても良いが、なるべく早く事前にガス会社に連絡し立会いのもとガス環境を整える。
・水道:元栓を開く。(閉まっていたら)

 

◆引越し後2週間以内に行うこと
・転入届けの提出:引越し後14日以内に手続きする。
・国民健康保険:引越し後14日以内に手続きする。
・国民年金:市役所に年金手帳を提出し、住所変更を行なう。
・転入先学校への手続き:各学校によって異なるので、各自調べる。
・運転免許証の住所変更:住民票などの新しい住所が確認できるものを持参し、手続きを行う。
・自動車の登録変更:引越し後15日以内に運輸支局にて手続きを行う。※バイクや軽自動車に関しては、市町村によって手続きが異なるので各自で確認する。

 

◆引越し後に行うこと(特に期限なし)
・銀行、郵便局口座の住所変更:新しい住所が記載されたものを持参して変更を行う
・クレジットカードの住所変更:インターネットからでも簡単に行うことができる。
・ペットの登録住所変更:飼っているペットによって手続きが異なることがあるので、市役所に確認して登録住所の変更を行う。
・インターネット回線の接続:新たにインターネットを接続する人は、プロバイダと契約してインターネット環境を整える。

 

以上が引越しの手続きとなります。
どうでしたか?おもっていたより簡単だったのではないのでしょうか?焦らずに確実に一つ一つこなしていってくださいね。

 

 

それでは次はみなさんが気になるであろう見積もりについて見ていきたいとおもいます!

 

それでは引越し侍を例にみていきましょう!
《最近の引越しサイトがすごい-簡単に一括見積もりができる-》

 

○知りたい情報が全て分かるようになっている?最近の引越し業者の企業努力がすごい!「○○会社(引越し業者名) 見積もり」と
入力すると大体『ネットで料金比較』『一括見積もり』の2つの項目から簡単見積ができるようになっている。

 

▼ネットで料金比較(口コミ、料金相場、ネットでの評価がひと目で比べられる)

 

・出発日の選択
・引越し元の情報入力
・引越し先の情報入力
・荷物情報の入力
  ↓   ↓
  業者一覧

 

この『ネットで料金比較』は、どちらかというとまだ引越しするのは先で、数ある引越し業者の中で自分あった業者を探したい方が利用すると便利な
検索方法です。入力は簡単で、上記の4項目だけです。電話番号も入力する必要がないので、引越し業者から見積の連絡がくることもありません。
荷物情報や引越し先情報から、一人一人にあった業者をピックアップして比較することができるのです。※引越し業者選びに苦労することもありません
特に口コミ情報やネットでの評価、料金相場まで知りたい情報が全て分かるので、いつかは引越ししたいな。くらいの方でも気軽に入力してみてください!
あなたに合った引越し業者を選んでくれます。
※もちろん無料です

 

▼一括見積もりスタート

 

・お住まい情報入力
・お客様情報入力
・お荷物情報入力
   ↓   ↓
メールにて各社から見積もり結果が届く(+電話が掛かってきます)

 

現在の引越し業者は、業者同士が提携をしており、例えば『引越し侍』という引越し業者のサイトからでも『アリさんマークの引越しセンター』の見積もりを
取ることができます。いわばこれが一括見積もり依頼です。どのサイトからでもお客様に一番適した引越し業者を勝手に選んでくれるシステムなのです。
この『一括見積もりスタート』は、先ほどの『ネットで料金比較』とは違い、相場ではなく各社が具体的な料金の見積もりをだしてくれるので、
具体的な引越しの日にちが決まっている人向けです。※一括料金比較ができるのがかなり嬉しい

 

また、最近の引越し見積もりには豪華な特典が付いてくることもしばしばあります。特に最近多い特典が「フレッツ光の無料工事」「エアコン格安購入」
「自転車通販サイトのクーポン券」「クックパッドのプレミアムサービス」これらの特典を選ぶことができます。
※特典はしばしば変わることがありますので、必ずしもここに記載した特典があるとは限りません

 

もし、転勤等で急な引越しが決まりそうな方は一度みてみてください。本当に気軽に簡単に見積もりを取ることができます。
また同時に引越し業者の企業努力も分かると思います。※お世辞ではなく本当にわかりやすいサイトになってます!笑

 

 

みなさんが心配なお見積もりもこれで完璧なはずです!

 

さあ、次は引っこしの準備である荷造りについてみていきましょう。一番大変な作業になりますが当サイトを参考に頑張ってみてください!それではスタート!

 

 

《引越しの準備ってまず何からすればいいの?〜荷造りの準備について〜》

 

○まずは荷造りに必要な準備物を揃えよう

 

・ダンボール:大小のサイズ違いで用意する。
・軍手:梱包中にダンボールや家具で手を切ることがあるので必須、滑り止めタイプを選ぶ。
・ガムテープ:布タイプが特にオススメ。
・工具:ドライバーなどの一般的なものがあれば十分。
・新聞紙:食器を梱包する時に必須。
・ビニールテープ:本の処分品などをひとまとめにすることができる。
・割れ物シール:どのダンボールに何が入ってるかひと目で分かるようにする。
・油性ペン:ダンボールに名前を書くときに使う
・カッター、はさみ:何かと頻繁に使う。

 

荷造りをするときに、一番使うダンボールやガムテープ、それだけでなく、ハンガーボックスや布団カバーも引越し業者によっては用意してくれる場合があります。もしかすれば自分で買う必要がない可能性もありますので、事前にしっかり確認をしましょう。荷造りで一番必要なのは準備力です!

 

○まずはこれから始める!

 

また、荷造りをスムーズに行うコツは『いらないものの処分から始める』です。まずこれから始めることをおすすめします。初めにいらないものを捨てることによって部屋の中がスッキリします。そうすればまず、部屋自体がキレイになるので、荷造りがしやすくなります。引越しはどうしても大量のゴミが出ます。どうせなら引越し代を少しでも安くできる!と思い切ってあまり使わないものを捨てるのもいいかもしれません。使わない物って結局いつになっても使わないですからね。特に昔の恋人ととのあれこれとか...笑
また引越し作業をするにあたって、事前に調べておかないと困ることもあります。それは引越しトラックに乗らない荷物の存在です。もしも、これは持って行ってもらえるのか?と疑問を抱くような品がある場合は、必ず電話で聞いておきましょう!当日に判明すると、ほどんどの場合で引越しに余計に時間が掛かるか、お金が掛かります。そうならない為にもまずは電話をかけましょう!

 

 

どうでしょうか?大変そうだとかんじましたか?笑 ここが踏ん張りどころですよ!

 

 

次に業者の選び方を説明します。

 

きちんと選定しない業者で引っ越しをすると、荷物に傷が付いたとか段取りやサービスが悪くて嫌な思いをしてしまいます。
そういったことを予防するには何か良い方法がまいのでしょうか?

 

注目したいのは先ほども見積もりの例でとりあげた「引っ越し侍」ですね。
ここはサイトで引っ越し業者への見積もりが出来ます。
そして手間もかけずに、どこの業者だと引っ越し料金が安くなるのかと言う事が見比べられます。
一般的な引っ越しでは、自宅に来てもらって荷物の数や大きさを確認して見積もりが出されます。
しかし、引っ越し侍では、現在の住所や間取り、引っ越し先の住所や間取りを選んでから、家具や家電の個数を選択していくだけで良いのです。
その他には、段ボールが何個必要か、オプションとして荷造り・荷ほどき、家具の配置や不要品の処分など、必要なサービスを選んでいくだけですね。

 

検索をすると該当する業者が表示されます。
検索して出てきた業者は、一覧になっていて、その画面で引っ越し料金が確認出来ます。
満足度をチェック出来ますし、対応の良さも点数で表示されるため、価格だけで選んで失敗することもありませんね。
「サービスの詳細をチェックする」をクリックすると、各社で利用出来るサービス内容が確認出来ます。
この中で段ボールやガムテープなど必要な資材のサービスが確認出来ます。
オプションサービスに関しては電話確認しないと分からない部分があります。
引っ越し料金だけではなく、口コミまで確認出来るのが特徴ですね。
気に入ったところがあれば、そのままオンラインで引っ越し予約まで出来ますよ。
空き状況がサイト上で見られますので、希望の日時を選ぶだけなのもシンプルでオススメです。

 

また、万が一、該当するものがなくても「一括見積もりサービス」が利用出来ます。
最大で10社まで見積もりの依頼が出来て、メリットは料金が最大で50%OFFになるところですね。
電話かメールで見積もりの連絡が来ますので、ご自身で対応をすることになります。

 

引っ越し侍では、人気ランキングで料金比較をするか、最大10社から一括見積もりをするかを選べます。
ご自身で利用しやすいタイプを選べるのも便利ですね。

 

引っ越しは、単身・女性・ファミリー・オフィスなどに分かれています。
それぞれに対応した検索機能が充実していますよ。

 

引っ越し侍には引っ越しに関わるコツなどのコンテンツが充実しています。
コツとして、引っ越し業者との交渉のコツ、引っ越し費用の節約術などがあって、急ぎの引っ越しでも無駄な費用を支払わなくて良い様にしています。
こういった良心的な部分も嬉しいですね。

 

急ぎの引っ越しでも、確かに安い値段で依頼出来るのは大きなメリットです。
ただ、品質を落としても良いと言う事にはなりませんね。
この様に急いでいる時だからこそ出る問題もありますので、柔軟な対応やサービスが充実している業者を選ぶ事をオススメします。
実際に利用した方の評価を参考にしながら、不満のない引っ越しが出来る様にしていきましょう。

 

それではここで一つ引越しの例をあげてみます。
今回は女性の単身引越しというケースで説明していきます。

 

 

《女性の単身引越し〜引越し相場と安心して暮らせる物件の探し方》

 

○女性の単身引越しは大変ですよね?引越し予算も少なく抑えたいし、でもちゃんとした物件も選ばないと不安だし…
そんな方が気になる、単身の引越し予算と物件の選び方についてまとめてみました。ではどうぞ!!

 

▼単身引越しに掛かる料金相場について

 

【荷物・普通】
長距離(300km圏内):74,000円(オフシーズン)⇔97,000円(繁忙期)
長距離(200km圏内):61,000円(オフシーズン)⇔79,000円(繁忙期)
中距離(100km圏内):57,000円(オフシーズン)⇔74,000円(繁忙期)
近距離(50km圏内):44,000円(オフシーズン)⇔57,000円(繁忙期)

 

【荷物・多】
長距離(300km圏内):81,500円(オフシーズン)⇔106,000円(繁忙期)
長距離(200km圏内):63,000円(オフシーズン)⇔82,500円(繁忙期)
中距離(100km圏内):60,000円(オフシーズン)⇔78,000円(繁忙期)
近距離(50km圏内):46,000円(オフシーズン)⇔60,000円(繁忙期)

 

※単身引越しに強い?おすすめ引越し業者・引越し会社みたいなランキングも調べれば出てくると思いますが、
やはり一番は自分で見積もりを取って比べるのが一番です。もし価格的には差がなかったら、電話対応が
一番よかった会社を選ぶのもありですね。

 

▼やっぱり一番安心なのはセキュリティ物件

 

・オートロック
・モニター付きインターフォン
・防犯ガラス、窓フィルム
・2階以上の部屋
・物件自体がセキュリティ会社と提携している

 

完璧なのは上記の全てを兼ね備えている物件です。特に女性なら2階以上に住みたいでしょうし、
物件自体がセキュリティ会社と提携していれば、もし何かあったとき安心ですよね。
でもやっぱりそういった条件がそろった物件は高く、なかなか選べないのが現状ですよね...
ではお次は、セキュリティ物件じゃないけどある程度安心できる物件の選び方について解説していきます。

 

▼この物件は安心なの?周辺チェックポイント

 

・ある程度人通りが多く、賑やかである
・駅から物件までの道に明るめの街灯が備え付けられている
・物件の近くに24時間のスーパーやコンビニ、牛丼屋が2件以上ある

 

▼ここは大丈夫かな...部屋チェックポイント

 

・やっぱり2階以上の部屋(ここは妥協しない方がいい!)
・ベランダに出てみて、となりの部屋とある程度距離が確保されている
・部屋の壁が薄すぎない(ある程度の防音声)
・室内に洗濯物を干せる場所がある(作ろうと思えば作れる環境であるか)

 

以上が自分を守る最低限のポイントになります。それ以外でも、自分が不安にならないためにアロマを炊いたり
好きな音楽を掛けたり(迷惑がかからない程度の音で)、楽しみ方で変わってくると思います。
でももし、本当に不安に感じることがあれば誰かに相談してください!実は『一人で悩むことが一番危険です』
友人、上司、彼氏誰でもいいです。誰かに頼ってみたらいいと思います。
さて、暗い話はここまでにして、新生活を是非楽しんでみてください!見方によっては素晴らしい世界かもしれませんよ!

 

 

 

それでは最後に『引越しブルー』というものについて解説しておきます。

 

《多くの人が陥りがちな引越しブルーの対処法》

 

○引越しブルーとは:引越し当日の前後になると、急に憂うつな気分になったり、ストレスを感じたりしてしまう状態のこと。人によっては吐き気や発疹が出る人もいるとか。
荷造りがどうしてもめんどくさく感じてしまい、全然進まない。引越先の土地でうまくやっていけるか不安になる。

 

○他にも調べると沢山出てきました。
・色々な手続きがめんどくさい
・愛着のある部屋から離れたくない
・一から人間関係を築かなければならないので不安
・関西人のノリが不安

 

○対処法
【愛着のある部屋との別れが原因の場合】
やはり慣れ親しんだ部屋との別れは、悲しいものです。その部屋では沢山の友達が訪ねてきたかもしれない、可愛い彼女は遊びに来たかもしれない、
愛おしいペットとの楽しい時間を過ごしたかもしれない。ですがやっぱり、状況によってはその場所を絶対に離れなければなりません。そんな時にオススメする対処法は、
『沢山の写真を撮っておくこと』です。写真に残しておくことで、過去に戻ることはできないけれど写真を見た瞬間、楽しかった時間に一瞬戻ることができます。
そうすれば、それが原動力となって新しいことにチャレンジできたり、仕事が頑張れたり、次に進むことができます。フォトブックを作るのが一番いいかもしれませんね。

 

【準備がめんどくさいのが原因の場合】
荷造りがめんどくさくなるあなたは、荷造りを『心の整理』と見立ててひとつずつ丁寧に片付けましょう。心が整理されていれば何事も動じることなく、物事を進めることが
できるはずです。しかしめんどくさく思ってしますあなたは、『あれもこれもしなくてはいけない』と感じているでしょう。でもこれは裏を返すと何をしなければいけないのか
実はあまり分かっていない状態なのです。やることは多いかもしれませんが、道筋が分かっていればそれを順序だててやるだけです。
目の前の荷造りは心の整理整頓と思って丁寧に整理しましょう。
また、音楽を掛けながらノリノリで作業をするのもオススメですよ!好きな音楽なら時間が経つのも忘れますよね?楽しみながら作業をするのもコツの一つです!

 

【新しい環境で人間関係が築けるか不安というのが原因の場合】
これは、今までの経験を振り返れば分かると思いますが、なんとかなるものです。
自分が小学校、中学校、高校とどのように人間関係を築いてきたかを思い出してみてください。
何かヒントが落ちているハズです。また、まっとうな人間であれば、周りに人は集まってきますし、類は友を呼ぶという言葉が有るように
自分と似たような人は意外と近くにいたりするものです。あまり深く考え過ぎず、新しい環境を楽しみましょう。
もしどうしても辛くなったら、電話で友達に話を聞いてもらいましょう。スッキリするはずです!

 

 

いかがでしたでしょうか?みなさんもこれから急な引越しを行わなければならないときはぜひこのサイトに書いてあった事を思い出して参考にしてみてください!