急な引っ越しほど割り増しの金額になって大変

通常引っ越しでは3〜4月に繁忙期を迎えます。
引っ越し業者は、繁忙期に合わせた人員確保や車両を持っている訳ではないので、忙しければ他からトラックを借りてくる事もあります。
傭車(ようしゃ)と言って、これがかなり高額のようですね。
そのため、傭車で無駄な費用がかかった分、私たちが支払う引っ越し費用も高くなってしまう仕組みです。
5〜2月のオフシーズンと比較すると20%程度は高い料金設定になっていますね。

 

さて、それ以外で急ぎの引っ越しを依頼すると、なぜ高い引っ越し費用になってしまうのでしょう。
引っ越し業者でもお客様のリクエスト通りに引っ越し予定を組んでいきます。
15日〜1ヶ月程度前には、他の方から依頼が入っていますので、1ヶ月分程度は通常の人員数・トラック数で対応出来るだけスケジュールを入れてしまいます。
すると、急な予定が入る事で、人員数・トラック数が足りなくなる状況が出てしまいますね。
場合によっては休みのはずの作業員に出勤してもらい引っ越しを進めますので、作業員に対して休日出勤手当は必要です。
また、繁忙期と同じく傭車が必要なら、他から借りてくる分の費用加算はされます。
このようにして、急な引っ越しを依頼すると、高めの引っ越し費用が請求される事になっているのです。

 

引っ越し業者の規模や、どの程度スケジュールに余裕があるかで、この特別費用が徴収されない事もあります。
ただ、依頼する側も、そういった引っ越し業者を探す時間の余裕がありませんよね。
「引っ越し侍」のサイトで一括見積もりを取ると無駄な時間も手間もかけなくて済みます。
しかも対応可能な引っ越し業者が、すぐに分かりますね。
これが、お急ぎの引っ越しに「引っ越し侍」をオススメする理由なのです。