単身の引っ越しが急に決まったらすること

単身の引っ越しは、簡単に出来そうですが、思っているより荷物もあって大変です。
そして、仕事に行っている方は、ご自宅で荷造りをする時間が取れないなど、急に引っ越しが決まると慌ただしくなりますね。
そのため、引っ越し費用を抑えたくても、ゆっくり選ぶ時間がありません。
「引っ越し侍」の様に一括で見積もりが閲覧出来るサイトを活用しながら進めていきませんか?

 

まず、単身の引っ越しが急に決まったらすることを一覧にしてみましょう。
1.引っ越し費用はどの範囲内の予算にするかを検討します
2.引っ越しを依頼する業者を決めましょう
3.見積もりを出してもらって契約したら引っ越しの用意をします

 

引っ越しの予算の決め方ですが、相場が分からないと決められませんね。
急ぎではない引っ越しですと50km以内の近距離で43,595円程度、100kmなら56,775円程度、300km以内の長距離では74,112円程度が相場です。
急ぎの引っ越しとなると50km以内の近距離で49,147円程度、100kmなら73,808円程度、300km以内の長距離では96,346円程度が相場です。

 

時間に余裕があるかどうかで、こんなに費用が変わります。
見積もりを取るタイミングは、5〜2月のオフシーズンで最も多いのは15日〜1ヶ月前に依頼しています。
3〜4月の繁忙期も同じ程度ですね。
このタイミングが最もリーズナブルに見積もりが取れます。
つまり、引っ越し予定日の15日前になるほど、値段が高くなると思って構いませんね。
個人的に引っ越し業者を探したら、この影響を受けますので、急ぎの引っ越しにも対応可能な業者が分かる「引っ越し侍」で費用を抑えて見積もりを取った方が良いでしょう。

 

引っ越し業者ではオプションとしてサービスを用意していますが、荷造りや荷ほどきまで手伝ってくれる業者の方が単身の引っ越しには向いています。
忙しく仕事をしていて、帰宅してから疲れているのに荷造りをするのは大変です。
そして、単身引っ越しでは10個程度の段ボールを使用しますので、考えるだけでも嫌になりませんか?
ハンガーに掛けたまま服を運べるとか、シューズボックスがある、お皿も梱包しないで運べるなど、業者で提供しているサービスは最大限に活用した方が楽です。